自己紹介

| [雑談]

geralt / Pixabay

 自己紹介

自己紹介 はじめまして。「土井誠どいまこと)」と申します。このホームページは、弊所の宅建講座をご紹介するページですが、本日は1回目のブログということで、自己紹介をさせてください。

行政書士って何をする人?

 私、普段は行政書士をやっております。すると上記のようなことをよく聞かれますが、書類(契約書や役所への申請書など)を作る人だとイメージしていただければ良いかと思います。

 あと、2014年に宅建業の免許を取得しまして、実務はボチボチしかやっていませんが(やっても複雑な案件がほとんどですが)、宅建業もやっています。

 講師業

講師業 私は、2006年から宅建講座の講師業をやっており、講師歴は10年目になります。「そんなにやったっけ」という感じですが、やっているようです。

 講師っていうことでいえば、行政書士会などで講師をやることもあります。実務研修の講師ですね。受講者は行政書士です。相手がプロですから下手なことは言えず、若干緊張します(相手が素人なら下手なことが言える、というわけではありませんが)。2016年は、行政書士会で3回講師をする予定です(既に1回やってます)。

あと、今年は、広島県宅建協会で講師をしました。ウエブサイト「(公社)広島県宅地建物取引業協会 佐伯支部」の下記が私です。

広島県宅地建物取引業協会佐伯支部

 宅建協会ってのは、不動産業者が集まって作っている組織です(宅建業法を勉強した方に分かりやすく言うなら、保証協会ですね)。そこで、「持分底地借地権の譲渡」という、テーマを聞いただけで眠くなるような研修をやる予定です。

 講師をやると、自分が成長できます。人前で話すってことは、話を聞いてくださる人さまより知識が多くないといけないわけです(実際に多いかどうかは別として、理論上は)。だから、講義で一番勉強するのは講師なのだと思います。成長するってのは素晴らしいことなので、講師をやる機会があれば積極的に受けるようにしています。

というわけで、私と講師業についての自己紹介(のつもり)でした。

 投稿者 土井 誠
(Doiの宅建講座講師)
Doiの宅建講座

このページの先頭へ