2016年宅建試験について

| [お知らせ]

kaboompics / Pixabay

 2016年宅建試験について

調べてみた

 お久しぶりです。本日は、2016年宅建試験について。

 DOIの宅建講座2016が、2016年の宅建試験にどれくらい対応していたか調べてみました。

 対応していたか否かは、「テキスト」にその問題を解くための記載があるかどうかで判断しています。「講義の中で言っている」とか「過去問で知識を補充できたはずだ」ってのはナシです。その問題を解くための記述が「テキスト」の中にあったか。ただそれだけで判断しています。もちろん、テキストってのは、「DOIの宅建講座2016」で使っているテキストです。

テキスト(DOIの宅建講座2016)にその問題を解くための記載があるかどうか

 で、結論から言いますと、

テキストの内容をすべて理解していれば
46点以上取れたはずです

正解肢がわからないからヤマ勘で解いた問題がすべて外れた場合
45点取れたはずです

捨てていい

 個数問題(6問)不動産登記法(1問)税法(2問)統計(1問)について、私は「捨ててもいい」と講義の中で言っていますよね。捨てたとして、捨てた問題すべて間違えた(運が悪すぎ)としても、36点得点できたはずです。

 詳しくはDOIの宅建講座対応力表をご覧ください。

 投稿者 土井 誠
(Doiの宅建講座講師)
Doiの宅建講座

このページの先頭へ