平成28年(2016年)宅建試験の解答及び解説01

| [解答、解説及びコメント]

kaitou

 問題(問1)

次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。

  1. 利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年3%とする旨
  2. 賃貸人は、賃借人が賃貸借に基づく金銭債務を履行しないときは、敷金をその債務の弁済に充てることができる旨
  3. 免責的債務引受は、債権者と引受人となる者との契約によってすることができる旨
  4. 契約により当事者の一方が第三者に対してある給付をすることを約したときは、その第三者は、債務者に対して直接にその給付を請求する権利を有する旨

 解答及び解説

  1. × 民法の法定利息は年5%であるため、3%という規定が存在するはずはない(権利関係テキスト72頁)。
  2. × 民法には敷金に関する規定はない。
  3. × 民法には債務引受に関する規定はない。
  4. 〇 民法537条に同様の規定がある。
【民法】第404条 法定利率
利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする。
【民法】第537条 第三者のためにする契約
契約により当事者の一方が第三者に対してある給付をすることを約したときは、その第三者は、債務者に対して直接にその給付を請求する権利を有する。
2  前項の場合において、第三者の権利は、その第三者が債務者に対して同項の契約の利益を享受する意思を表示した時に発生する。
本問は2017年以降の試験対策としても解けなくても差し支えない。民事法定利息は年5%ということのみ覚えておけばよい。

このページの先頭へ