平成28年(2016年)宅建試験の解答及び解説18

| [解答、解説及びコメント]

kaitou

 問題(問18)

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 防火地域にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。
  2. 高さ30メートルの建築物には、原則として非常用の昇降機を設けなければならない。
  3. 準防火地域内においては、延べ面積が2,000平方メートルの共同住宅は準耐火建築物としなければならない。
  4. 延べ面積が1,000平方メートルを超える耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000平方メートル以内としなければならない。

 解答及び解説

  1. 〇 記述の通り(法令制限テキスト17頁)。
  2. × 高さ31mを超える建築物には、非常用のエレベーターを設けなければならない。(法令制限テキスト18頁)。
  3. × 耐火建築物にしなければならない(法令制限テキスト17頁)。
  4. × 耐火建築物・準耐火建築物は、防火壁で区切る必要がない(法令制限テキスト18頁)。
【建築基準法】第65条 隣地境界線に接する外壁
防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。
【建築基準法】第34条 昇降機
2 高さ31メートルをこえる建築物(政令で定めるものを除く。)には、非常用の昇降機を設けなければならない。
【建築基準法】第62条 準防火地域内の建築物
準防火地域内においては、地階を除く階数が4以上である建築物又は延べ面積が1,500平方メートルを超える建築物は耐火建築物とし、延べ面積が500平方メートルを超え1,500平方メートル以下の建築物は耐火建築物又は準耐火建築物とし、地階を除く階数が3である建築物は耐火建築物、準耐火建築物又は外壁の開口部の構造及び面積、主要構造部の防火の措置その他の事項について防火上必要な政令で定める技術的基準に適合する建築物としなければならない。ただし、前条第2号に該当するものは、この限りでない。
【建築基準法】第26条
延べ面積が1,000平方メートルを超える建築物は、防火上有効な構造の防火壁によつて有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000平方メートル以内としなければならない。ただし、次の各号の1に該当する建築物については、この限りでない。
1 耐火建築物又は準耐火建築物
すべての選択肢が基本的な問題であり、解けなければならない。

このページの先頭へ