宅地建物取引士とは

宅地建物取引士とは

宅地建物取引主任者 国家資格

地建物取引士とは宅建試験(合格率15%前後)に合格した国家資格者です()。宅地建物取引業を行うには、宅地建物取引士でなければいけません。宅地建物取引士にしかできない仕事は法律によって定められています。

※正確には合格後に登録と主任者証の交付を受ける必要があります。

 物取引士試験の特徴

宅地建物取引主任者 国家資格
 誰でも受験できる
学歴などによる受験制限はありません。
年間およそ20万人が受験するトップクラスの人気資格です。
宅地建物取引主任者 国家資格
 短期合格できる
法律系国家資格では比較的合格しやすい試験です。
Doiの宅建講座では、毎年のように2週間の学習期間で合格する受講生がいます。

 物取引士にしかできない仕事

 重要事項の説明、重要事項説明書への記名押印
建業者は、不動産の契約を結ぶ前に、取引物件に関する重要事項を説明しなければいけません。説明する時には、重要事項の内容が記載された説明書をお客様に提示する義務があります。
  該当する土地に建物を建てることができるかどうか
  飲料水、電気、ガス、水道に問題があるかどうか、など
要事項の説明や、説明書に必要となる記名ハンコは宅地建物取引士が行わなければいけません。不動産取引のスペシャリストである宅地建物取引士が確認したことを明らかにする必要があるのです。
 
 契約書への記名押印
約書もしくは契約後に交付する書面の中に、一定の必要事項を明記しなければなりません。
  取引の当事者の氏名・住所
  取引物件の金額・引き渡し時期・支払い方法、など
れらの必要事項が記載された契約書や書面には宅地建物取引士のハンコ記名が必要です。不動産取引のスペシャリストである宅地建物取引士が確認したことを明らかにしなければいけません。

このページの先頭へ