よくあるご質問

よくあるご質問

何でこんなに安いのですか?

「安さの秘密」でご説明させていただいております。

講義を利用することで、独学と比較してどのようなメリットがありますか?

講義を利用することで、独学と比較し、次の2つのメリットがあります。

メリット1 過去問の分析をしなくてもよい

ずは、どのような論点が試験で問われるのかを見極めること(過去問分析)は、試験対策を行う上で非常に重要です。過去問分析をせず、闇雲に勉強をするのは非常に効率が悪く、合格するための学習法とは到底いえません。

学の場合は、過去問の分析を自分でやらなければならず、非常に多くの時間を浪費すこととなります。

かし、講義を利用すれば、講師が過去問の分析した上で、どのような論点がこれまで問われ、今後どのような論点が問われるのか、どの程度の範囲を学習すれば試験に合格できるのかを見極め講義をしていますので、受講生が自分で過去問を分析する必要はありません。

メリット2 理由を調べる必要がない

去問を分析し、何を暗記する必要があるのかを抽出したあとは、それらを頭の中に入れる作業(暗記)をする必要があります。暗記をするには、『理由』もあわせて覚えると効果的なのは、皆さんも経験上ご存知かと思います。

学の場合には、よほど暗記に自信のある方でなければ『理由』を自分で調べる必要があります。

かし、これは簡単な作業ではありません。大量の『学術書』や『実務書』から、試験勉強として『使える』ものを見つけてくる作業が必要となります。これらの書籍を自分で揃えようと思えば莫大な費用がかかります。場合によっては数十万円かかることもあります。

義を利用すれば、講師が、なぜそのようになるのかという『理由』までご説明いたしますし、ご不明な点はご質問いただくこともできますので、自分で理由を調べる必要がなく、受験勉強が楽になります。

Doiの宅建講座オリジナルテキストはどのように作成されたテキストですか?試験に、十分合格出来る内容のテキストと判断してよいのでしょうか?

oiの宅建講座オリジナルテキストは、本試験を知り尽くした土井誠が作成した、合格に必要最小限でありかつ十分な内容を掲載しているテキストです。たくさんの合格者を輩出しているテキストですのでぜひ安心してご利用ください。

古い講座やテキストを利用して勉強したいと考えていますが、何か支障がありますでしょうか。

律系国家試験では、当然のことながら『法律』が出題されます。法律は、頻繁に改正が行われており、それらの改正に対応していない古い教材で学習する受験生は圧倒的に不利といわざるを得ません。法律系国家試験を受験されるのであれば、少なくとも本だけは最新版を利用することをおススメいたします。

他の予備校では『試験に合格すれば、受講料の何割かを返金する』という制度を実施しているようですが、Doiの宅建講座にはそのような制度はありませんか?

oiの宅建講座では、受講生様が試験に合格した場合に受講料の一部を返金するというような制度は実施しておりません

の予備校がこのような制度を取り入れている理由を好意的に考えれば、『受講生のモチベーションアップに役立つ』という利点があるとの判断によるものかもしれません。

かし、この制度は明らかに矛盾を抱えています。それは、『よい講座を提供するほど合格率が上がり、予備校の経営を圧迫する』ということです。たとえば『全員が合格するような素晴らしい講座』を予備校が作ったとすれば、その結果として売上の何割かを返金せざるを得ないことになってしまうのです。

ちろん、売上の何割かを返金する前提で受講料を設定することも可能です。しかし、そのようなことをするくらいなら、Doiの宅建講座でははじめから受講料を低額に設定することで、全受験生の負担を少しでも減らすことを選びます。

このページの先頭へ