宅建試験合格ロード

宅建試験『合格ロード』

宅建試験に合格したいけど...

んな方のために、やるべきこと必要な教材あると便利な教材をまとめました。Doiの宅建講座の教材を中心に、他社の教材も有益なものは紹介させて頂いております。これを参考にしていただき、ぜひとも合格を勝ち取っていただきたいと思います。

お、ここでご紹介させていただいている『合格ロード』以外の方法でも、試験に合格することは可能です。お気に入りの予備校や問題集が他にございましたら、そちらをご利用いただいても構いません。

ご不明な点などありましたら、お気軽に
Doiの宅建講座事務局までお問合わせください。

入門期 (標準学習時間 120時間)

ずは、Doiの宅建講座を受講し、基礎力を養ってください。講義を受講するのと平行して、過去問演習も行いましょう。

宅建試験に合格したいけど...
【お勧め教材】
●Doiの宅建講座2016
●パーフェクト宅建一問一答(住宅新報社)

第2期 (標準学習時間 80時間)

ーフェクト宅建一問一答をマスターできてきたら、パーフェクト宅建過去問10年分をできるだけ解いて、本試験の出題形式に慣れてください。また、本試験で時間不足にならないよう、1年分の問題を2時間(あるいはそれ以下の時間)で解く訓練をしてください。

★ 問題演習は今後も本試験まで継続してください。問題は何度も何度も解くことが大切です。すべての問題を覚えてしまうくらい解いてください。

2期の学習内容をマスターできれば、合格できる実力は身につきます。しかし、第3期以降もこなすことで、万全の態勢で宅建試験に挑むことができます!

宅建試験に合格したいけど...
【お勧め教材】
●パーフェクト宅建過去問10年分(住宅新報社)

第3期 (標準学習時間 5時間)

試験で緊張し実力を出し切れなかったという声を頂くことがあります。試験慣れするためにも、大手予備校の会場模擬試験を受け、本試験の雰囲気を体感してください。雰囲気に慣れることが目的ですので必ず会場で受けましょう。自宅受験をするのは意味がありません。

回程度受けることをお勧めいたしますが、あまり多く受けすぎるのはよくありません。変に不安になったり、根拠なく自信がついたりするためです。

備校ごとに、模擬試験が難しすぎたり簡単すぎたりなど色々な特徴があります。これらの『特徴』に影響を受けることは好ましくありませんので、できれば、複数の予備校を利用することをお勧めいたします。

えば、模擬試験を2回受ける方であれば、1回目はA予備校、2回目はB予備校といった具合です。複数の予備校を利用することにより、予備校の『癖』に影響されず受験準備をすることができます。

擬試験はあくまで『本番の練習』です。本番で緊張しないようにするための避難訓練みたいなものです。模擬試験の結果に一喜一憂しないようにしてください。間違えた問題を復習し、本試験に備えればよいのです。

宅建試験に合格したいけど...
【模擬試験を受ける際のお勧め予備校】
●LEC東京リーガルマインド

直前期 (標準学習時間 できるだけ

れまでに得た知識を復習しましょう。特に過去問で問われている範囲は徹底的にマスターしてください。

こまでマスターしたあなたは、受験生の中でもトップクラスの実力者となっているはずです。合格は目前です。あとは、徹底的なラストスパートで、他の受験生を引き離しましょう!油断は禁物ですが、自信を持って本試験に望んでください!

お、ここでご紹介させていただいている『合格ロード』以外の方法でも、試験に合格することは可能です。お気に入りの予備校や問題集が他にございましたら、そちらをご利用いただいても構いません。

ご不明な点は、お気軽にDoiの宅建講座事務局までお問合わせください。

このページの先頭へ