過去問活用法

過去問活用法

過去問活用法

建試験は、過去問が「きちんと」できる方であれば合格できます。この「きちんと」の意味が理解できていない方は、宅建試験に合格するのは不可能かもしれません。ここでは、過去問をどのように活用すべきかについてご説明させていただきます。

段階 項 目
第1段階 問題の中で、どの選択肢が正解の肢か判別できる段階
第2段階 ひとつひとつの肢について、正誤が言え、どこが重要なポイントなのかを言える状態
第3段階 過去問の周辺知識もマスターする

1段階 問題の中で、どの選択肢が正解の肢か判別できる段階

建試験は4つの選択肢の中から、どの肢が正しい肢であるかを判別する問題が出題されます(4肢択一)。第1段階では、勘でもいいので正解を出せるようになりましょう。

初は、問題を見てすぐ解答を確認するというような勉強方法で構いません。すぐに答えを見ることに抵抗があるかもしれませんが、過去問の答えを覚えてしまうことこそ試験勉強だと思って、まずはこのような勉強方法を何度も繰り返しましょう。

資格試験は繰り返し

だんだんと実力がついてくれば、積極的に問題を解き始めましょう。

ころで、「過去問ができるのに合格できなかった」という受験生は、大抵がこの第1段階です。実は、過去問というのは、正解肢さえ暗記していけば一応解けてしまいます。ですが、これは第1段階であり、合格できる学力とは言えません。

2段階 ひとつひとつの肢について、正誤が言え、どこが重要なポイントなのかを言える状態

て、宅建に合格するには、少なくともこの第2段階をクリアして頂かなくてはいけません。ひとつひとつの選択肢について、正しい誤りかわかり、どこが、その問題において重要な点かわかれば、この第2段階もクリアです。

の問題において重要な点がわかるとは、問題のひとつひとつの肢について、宅建試験で気をつけるべき点を解説できる、つまり、出題者の罠を見破れるということだと考えていただければいいと思います。

とえば、「成年被後見人は同意を得てした契約であっても取り消すことができる」という問題は正しい文章ですが、出題者はどこに罠を仕掛けたのでしょうか。それは、「制限行為能力者の中で同意を得てした契約も取り消せないのは、どの類型か分かっていますか?」という点です。もっと噛み砕けば、「未成年者・被保佐人が同意を得てした契約は取り消せますか?」ということです。そこまでわかっていなければ、出題者の罠を回避したとは言えません。

出題者の罠

を見破らずに正解したとしてもたまたま正解しただけであり、そのような知識はやがて混乱し、得点力はいつまでも上がりません。

3段階 過去問周辺知識マスターする

去問周辺知識までマスターすることができれば、この第3段階と言えます。分かりやすく言えば、過去問を読んだ段階で、それが例えば『代理』の問題であれば、基本書の『代理』のページにどのような記述があったかを、言える状態です。

ここまでの学習をする必要はありません

宅建試験に合格するのにここまでの学習をする必要はありません。

このページの先頭へ